携帯電話を落とした後にどうやって怪しまれずに心の距離を縮めればいいのか?

ここまでの流れがスムーズに来ているのなら、すでに、女の子のほうから話しかけられている状態ですよね。

せっかく声をかけられる、というチャンスまでモノにした状態です。

最終的な目的は電話番号ゲット(ショートメールでやりとりが可能)まで到達することですから、その後の展開のためにもファーストインプレッションは重要です。

短い時間で少しでも女の子との関係をよくしましょう。

明るく、元気にお礼を言います。

女の子は、親切に携帯を拾ってくれた人です。

きちんとお礼をしながら、笑顔を印象付けます。

ポイントは、目で笑うということ。

優しい目、明るい笑顔なら、女の子が悪い印象を持つことはありません。

「ありがとう。助かりました」
言葉は普通でいいんです。携帯を拾ってもらって、嬉しい、感謝していると、気持ちのいい態度で伝えましょう。

ファーストインプレッションがよかったら、その後もその人のことを よく思う割合が非常に高いのは、心理学的にも研究されています。

携帯を落としてからメアドゲットまで、場合にもよりますが、それほど長い時間ではないことがほとんどです。

だからこそ、ファーストインプレッションは非常に大事です。

「感じのいい人だな」と思われて、損はないのです。



お礼の後にナンパや怪しい人と思われずに会話をつなげる方法

お礼までは、流れとして普通です。

ありがとうの後に、女の子に何を言うかで、これから会話が続くかどうかが決まります。

ここで、女の子にナンパと思われたり、怪しませたりしないよう、自然に会話をつなぎます。

メアドを聞くなど、プライベートに関係する会話の前に、ブリッジ(=橋)が必要です。

ここで
「ところで、何してるんですか?暇ですか?」
と言ったらナンパになってしまいます。
あなたのこと、可愛いなと思ってたんです
と言ったら、これは本当のことですが、やっぱりナンパです。

女の子は完全に引いてしまいます。

「いいお天気ですね」
と関係ない世間話を始めたら?

「この人、何を言ってるの?」
と思われ、すごく、怪しい奴に見えるでしょう。

ここで不自然なことを言ったら
「僕の入っている宗教に入りませんか?」
とか
「この美術品を買いませんか?」
とか言ってくる人と、同じくらい怪しまれます。

ナンパとは違い、怪しく思われない理由を付けた意味がなくなります。

携帯を使って女の子との唯一の接点を作ったんですから、そこを生かさないで無理矢理、別の接点を作ろうとしても不自然になるだけです。

正解は、携帯という理由を最大限に利用する言葉です。

唯一の接点を広げましょう。

「ありがとうございました。音がしたんで落としたのは分かったんですが……。 今、携帯なくしたら、本当にやばいところだったんです。助かりました」

これなら、自然なブリッジです。




リアリティを持たせるために電話をかけるフリをする

続いて、女の子に怪しくないと思われるために、リアリティーを持たせる行動をします。

はじめに携帯を落としたとき、待ち合わせをしていて、急いでいた、という設定のもと、急ぎ足で歩いていました。

そこで、メアドを聞くための会話にそのまま入っていったら、急いでいたことが嘘くさくなり、不自然です。

それを解決し、女の子を信用させるために、電話をかけます。

実際には、電話をかけるふりをします。

拾ってもらった携帯は「今なくしたら本当にやばい」もののはずです。

すぐにその携帯で電話をします。

モックを使っている場合でも、電話をかけるふりなので、不自然にならないようにしましょう。

電話をかけながら
「ちょっと、すみません。待ってください」
と言って、女の子に待ってのジェスチャー(女の子の顔の前に手を上げるなど)をして、引き止めます。


電話に向かって
「あっ、僕だけど。ちょっと今、遅れちゃって。ごめん。えっ、なんだ。 そっちも遅れてるんだ。そっか、じゃあ、20 分後にしよう」
などと言って、問題を解決したようにします。

このとき、急いだ表情から、安心した表情に切り替えましょう。

こうすれば、女の子は、急ぐ原因がなくなったことを目の当たりにしたことになります。

こうして、リアリティーのあるシチュエーションを演出します。





女の子の反応を見て会話を続けるかどうか決める

電話をかけている間、「待って」と言われた女の子は電話が終わるまで待っていてくれるはずです。

その後、会話をスタートさせるわけですが、ここで、こちらの会話に女の子が全然、乗ってこない場合もあります。

女の子が、少しでも会話を聞いてくれる状況になっていれば「よくやった」と自分をほめてあげてください。

ナンパだったら、ここまで持ち込める可能性は 5%以下くらいでしょう。

しかし、聞いてくれない場合もあります。

この会話の時点で、フィルタリングが必要です。

携帯から、会話をつなげていき
いやー、本当に急いでたんで、助かりました。もう少しで待ち合わせの時間だったんですよ。すごく大事な打ち合わせだったんで、携帯がなかったら怒られるところでした
など、落とした携帯のこと、急いでいた状況のことを話します。

そこで、女の子の表情や態度を見て、全く食いついていないと判断したら……。

「本当に、どうもありがとうございました」
そう言って、歩き出してしまえばいいのです。

可能性のない相手に時間をかけるより、次のターゲットを探しましょう。

ナンパだったら、女の子と少し話をしても、会話が続かなかったら、結局振られたことになるので、恥ずかしいですよね。

でも、ここまでは、ありがちな「携帯を落とした」シュチュエーションを演出しているだけです。

女の子に何かをアプローチしているわけではありません。

あなたも、女の子も、そして、携帯を落としたやりとりの段階では、何も恥ずかしかったり、負い目があったりすることはありません。

周囲から見ても、自然な、普通のやりとりでしかありません。

このページの先頭へ