恋愛トークに誘導するのに役立つ13の会話フレーズ

ぶっちゃけモテますよね
【 解説 】
褒めることを入り口とした恋愛の話へ誘導していく会話ネタです。
恋愛の話は、するだけでさりげなく恋愛を意識させることができます。
いきなり、「彼氏いるんですか?」と聞くのは難しくても、これなら雰囲気を壊さずに恋愛を意識させることが出来ます。


年下と年上どちらにモテますか?
【 解説 】
年下と年上のどちらにモテるかを聞くだけで、女性の過去の恋愛経験も探りを入れることが出来ます。


俺ってモテないんですよ~。どうしたらいいと思います?
【 解説 】
これは恋愛のフィルターにもなります。
ここでガチで答えられたら脈はないと思って下さい。
流される程度が最もいい距離感を保っている証拠です。
このフレーズで女性は無意識にあなたがモテるかを考えるので女性基準で考えるので女性に対して恋愛を間接的に意識させることが出来ます。


超かわいいですよね僕の方がちょっとだけ可愛いですけど
【 解説 】
相手に「超かわいい」と言うのは、特に恋愛経験の少ない男性ならハードルが高いです。
また、ただ褒めるだけだと、褒められことが苦手な女性は、居心地が悪く感じることもあります。
笑いをプラスすることで、楽しい雰囲気になります。


うわっ、可愛いね。あそこにいるおじいちゃんより
【 解説 】
相手を褒めているのですが、比較の対象が、明らかに低すぎるのがポイントです。
褒めながらも落としているイジリのフレーズです。
「あそこにいる女の店員さんより」などリアル過ぎるものは笑いにつながりませんので、ありえない相手を選んで下さい。


神様目線で見たら可愛いじゃないですか
【 解説 】
自分の意見ではなく、あくまで『神様』という第三者の目線でかわいいと褒めます。
自分がかわいいと褒めると本気で褒めている雰囲気が出てしまいますが、『神様』というキーワードで想定外のキャラを出すことで冗談にすることが出来ます
明らかに冗談を言っているのが分かりますが、自分と相手以外の人を利用した褒め言葉は、より女性を喜ばせられます。


これから言うことで調子に乗らないで下さいね
このあとに褒める
【 解説 】
前フリをして、あとの会話を楽しませる会話ネタです。
このフレーズを聞いた相手は、「このあと何を言われるのだろうか?」と想像をします。
調子に乗らないでということで、「褒められるかもしれない」という方向性に想像をします。
また、調子に乗らないでと、相手の感情を先回りして伝えることで「調子に乗っている自分」を言い当てられる恥ずかしさを感じさせ、女性の心にスキを作ることが出来ます。


ムカついたらすみません。●●さんってエレガントですよね。人生でこんなこと言ったのは初めてですよ
【 解説 】
ムカついたらすみませんと言われると、自分にとって嫌なことを言われると身構えます。
そこから褒める言葉を伝えるので「安心感」と「大きな喜び」を与えることが出来ます。

さらに、初めて言ったということで、特別感を演出することが出来ます。


その髪質じゃヤバイですね
【 解説 】
髪以外でも、爪など、女性の特定のパーツを褒めて下さい。
しかも、普段褒められていない部分だと、女性にインパクトを与えられます。
ただし、パーツによってはセクハラになる可能性があるので、十分気をつけて下さい。


身長175cmジャストと150cmジャストの男だったらどちらがタイプですか?
【 解説 】
2択の質問をして、片方をあなたにします。
もう片方を全く女性の好みとは違う選択肢にしてあなたを強制的に選択させる質問の方法です。
このフレーズの選択肢をいろいろ変え、何度もあなたを選択させる質問を繰り返すことで女性があなたを選択して感情をコントロールしていきます。


「●●さんって、僕のこと好きですか?お願いだから『うん』って言ってください。嘘でもいいからこの場だけで」
「うん」
「今、僕になびきましたね?」

【 解説 】
嘘でもいいので話で進めていき、「うん」と言った既成事実を利用して女性の感情を一気に恋愛へ誘導していきます。
女性から好きという発言をするのは冗談でも恥ずかしい行動です。
それを指摘して事実にすることで女性の感情を高めていくフレーズです。


「今日、ひどいことがあってマジで落ち込んでるんですよ。仮にでいいですから好きって言って
もらえますか?この場限りの嘘でいいですから。●●さんにそう言ってもらえたら立ち直れると思うんですよ」
「好き」
「却下」

【 解説 】
感情を強く揺さぶる効果があるフレーズです。
断られたということが「なんで?」「恥ずかしい思いさせられた」と女性はかなり動揺します。

この動揺は恋愛のドキドキと近いので女性の恋愛感情を強く認識させることが出来るフレーズです。

このページの先頭へ