美人なOLと出会い、彼女にする方法

ここでは、美人OLとピンポイントに出会える方法を見ていきたいと思います。考え方としては、女性が多く集まる場所へ行き、その中から美人をセレクトしていく、という感じです。「キレイな人ばかりが集まる」というわけでもありませんので、普通の容姿の人も居れば中にはブスな人も結構います(笑)。

そのある場所とは・・・

「カップリングパーティー」です!

このカップリングパーティーは、他の社会人サークルの飲み会や異業種パーティーなどと決定的に違う点があります。

それは、
1)友達筋の合コンや飲み会の出会いがなくなってしまったため、気合を入れて勇気を振り絞って参加している

2)カップリングパーティーに参加する以上、当然彼氏を探しに来ている、心理的に寂しさを埋めたい人がほとんど

3)クリスマス時期やバレンタイン前などは特に、当然イベントを意識して参加している


・・・と社会人サークルなどに比べてダントツに彼女候補をゲットしやすいのが、このカップリングパーティーなんです。

そして数十人の参加人数がいれば、美人&キレイな女性が2割ほど参加しています。

また、火曜日などは美容師や化粧品の美容部員・デパート店員などのいわゆる「接客業」に従事している容姿端麗な、キレイな女性が参加するケースが多いため、通常の金土よりも「全体の参加人数に対する美人の割合」が多く感じられることが結構あります。
こういう曜日戦略も豆知識として覚えておいてください。

さて、通常のカップリングパーティーはやはり金曜日の夜と土曜日の夜が一番参加人数が多く集まる曜日です。特に金曜日は会社帰りのOLが集まることもあり、キレイなOLを探すのもそう難しいことではないことに気づくことかと思います。

ただ、そうは言ってもやはり全人口の2割程度しか美人な人は存在しないので、100名(50×50)集まるパーティーでも、10名程度しかキレイどころは参加していないことが多い、ということを再確認することになることでしょう。

さて、このサイトでは、せっかくこのカップリングパーティーに参加する以上、この2割のキレイどころの女性と何とか親しい間柄となり、ゆくゆくは彼女にする、最低でも友達関係を続けていく・・・ということを念頭に見ていきたいと思います。残り8割の参加者(普通&ブスな女性)は効率よく動くためにこの際ターゲットから除外してください。

ちなみに、きれいどころを探す、という意味ではこのカップリングパーティーに限らなくても、最近はやりの「異業種パーティー」などもありま す。これは、特に「カップル発表」などとカップルになることを前提としたパーティーではなく、単なる交流を目的とした「立食パーティー」だと思ってください。

では、カップリングパーティー自体の説明から入ります。ご存知の方は読み飛ばしてしまってください。


<カップリングパーティーについて>
お見合いパーティー、ねるとんパーティー、カップリングパーティー等呼び方は様々ですが(当サイトでは、カップリグパーティーと総称します)、この業界ができたのが80年代中頃。フジテレビ系で『とんねるずのねるとん紅鯨団』が始まってから、と言われています。

当初はバスツアーなどからスタートしていたようですが、集合場所で「タイプの人がいない」という理由でキャンセルが連発したことをきっかけに、パーティースタイルにシフトしていった模様です。
全国の政令指定都市を中心に都心部で主に男女の出会いの場として会社が数多く存在します。詳しくは検索エンジンで「カップリング パーティー」や「お見合い パーティー」などと検索してみるとたくさん出てきますのでご参照ください。

ちなみにヤフーで「カップリング パーティー(間に隙間を空ける)」を検索すると、約60万件ヒットします。全国展開している会社もあれば地域密着の会社もあるので、ご自身でお好みのパーティーを選択してみてください。


<カップリングパーティーの種類>
1分ごとに全員1対1で男女が話せるタイプの「全員会話型」と、全ての時間フリータイムの「フリータイム型」の主に2つのタイプに分けられます。

・全員会話型パーティーの流れ
① 1×1の全員自己紹介タイム
女性が1つの大きな輪になって、その周りを男性が囲む形となり、女性が内側を向いている。司会者の「ご対面~♪」という掛け声と同時に女性が後ろを向き、目の前の男性と1分間の自己紹介を行う。事前に配られた第一印象カードに良い悪い普通などの印象を記入して、(参加者が30人×30人の場合は)30回転して自己紹介タイムは終了。

② フリータイム(2回)
1回目のフリータイム(15分~20分)の間にパーティー会社のスタッフが、集められた第一印象カードを集計して「誰から気に入られたかがひとめで分かる」一種の成績表のようなものを作成し、1回目のフリータイム終了後にそのカードが全員に配られる。このカードを基に誰を狙うかの戦略を練り2回目のフリータイムがスタート。最終的にカップルになるための告白カードに男性が記入したものがスタッフより女性に手渡される。

③カップル発表
女性に告白カードが配られ、OKをした時点でカップル成立。
参加者の前でカップル発表を行うパーティーもあれば、あえてカードを渡すだけというところもある。テレビであったような手を差し伸べて「お願いします」などという恥ずかしさが無いところが参加者たちにも安心感を与えているようだ。


<フリータイム型パーティーの流れ>
すべてフリータイムとは言っても、1分ごとに話すパートナーを交代することやカップル発表などをする会社が多い。「全員会話型」と違って、全員と話すスタイルにしていないことから誰が誰だか分からなくなることが多い。ただし、男性は好みの女性のみに声をかけることができること・1人と長く話ができることが最大のメリット。

(カップリングパーティーの説明終わり)


男女とも恋人を探しに来て、会場内のゲームで盛り上がり、パーティー進行のとおりにカップル発表が行われ、カップルになった場合はまるで恋人になったかのような感覚にお互いがなり、気分としては非常に期待感に満ちた状態で会場を後にすることになります。

でも、これはあくまでパーティー会場内での「非現実的な出来事」であり、パーティー主催会社の進行でうまく乗せられただけのことなんだ、ということに後で参加した誰もが改めて感じることになります。

ようは、現実に戻ってしまった、という感覚です。もし、これが合コンなどで「カップル発表-、ワぁ~♪」とか言ったりでもしたら、ひんしゅく買いますよね?微妙な空気になってしまいますよね?

そもそも2時間前までは、見知らぬ者同士だったのに、パーティー会社の仕掛けにより、「ハイ、今からあなたたち2人は恋人同士です」と「恋人になったんだかなってないんだかよく分からない状態」という気持ちのまま、終了してしまうわけです。

結果として、後日そのパーティー会場内でカップルになった2人はどうなるのか?

運良く付き合うことができることができるかもしれませんが、それは一握りなんです。大半は「本当の」恋人にならないで終わってしまう・・・・・

なぜ、そのようなことが言えるのか。かつて私はカップリングパーティーで数年間アルバイトをしていて、数週間前にカップルになった男性がなぜだかリピーターとなって何度も参加しているケースを、数多く見てきているからです。

もっと言うと、そもそもカップリングパーティーなのに、50人以上参加しているのにもかかわらず5~8組程度しかカップルが誕生しないのはなぜでしょうか?

また、女性は参加費がタダの場合が圧倒的に多いですよね?これはどうしてでしょうか?

答えは、「なんだか恥ずかしい」とみな感じているからなんです。

さらには、「急に(付き合う付き合わないの)答えは決められない」と女性は誰もが感じるものだからです。ようは急に距離を縮めたことによる微妙な心理状態になっているということです。初めて会って2時間後に告白なんて普通はしませんよね?

男性は、一般的に誰でも早く結果を求めたがります。では、女性はどうでしょうか?

大半は徐々に心理的距離を縮めていく生物だ、ということくらいはあなたもご存知ですよね?
となると、カップリングパーティーではあえてカップリングにならずに、 女性の友達を増やすんだ、くらいの気持ちが丁度良いという結論に落ち着きます。

・・・確認の意味で、もう少し具体的に見ていきましょう。

改めてカップリグパーティーについて、非常に客観的な見方をしていきたいと思います。

まず、パーティーでカップリングに見事なれた人たちの場合。
ゲームとは言え、半ば強引にカップルとなって、後日食事などのデートをすることになります。この場合当然、男性側も女性側も恋人になることを前提に、あたかも恋人と会うような感覚でデートをします。

でも、チョット待ってください!

普通に考えてみると、数時間前までは何もお互いのことを知らない同士だったのに、カップリングパーティーに出たのをきっかけにして、まるで恋人になったかのような感覚でデートをする。これって変じゃありませんか?

例えば合コンなでで知り合って、後日食事やデートをする。これなら恋人になる前の食事なので、もちろんその段階では「友人同士」です。でも、カップリングパーティーでカップリングになってしまった人たちは、
「恋人になることを約束されたかのような、目に見えないプレッシャーと期待感」
を抱きながら、お互いのことをあまり知らないまま、デート当日を迎えることになります。これはパーティーでカップルになった人たちしか味わえない、一種独特の雰囲気です。

もっと言うと、合コンよりもはるかに短い時間(パーティーで15分程度など)しか話していないのに、異性数十人の中から強制的に選んでしまったことが、デートをしている最中、もしくはデート終了後に徐々に「あれれっ?」と自分の中で気持ちのズレが生じてきてもおかしくないんです。


「パーティー会場では暗かったから分かりづらかったけど、この人ホクロが多いなあ」
「思ったより会話が合わないなあ」
「なんだ、車持ってないのか」
「ゲッ、親と同居だと料理作りに行ったりできないじゃん」


「あれれっ、こんなに足太かったっけ」
「よくよく見たら胸もあんまりなさそうだな」
「正社員のOLだと思ったら、なんだ派遣か」
「うわー、化粧濃いな~」
「わっ、ブランド品ばかりの服装だ。金かかりそう~」

閉ざされたパーティー会場内で大人数とノリノリの大音響のBGMがかかっていることも影響してか、テンションが高くなっている中で、「非日常な感じ」でパーティーの進行どおりに強引にカップリングになってしまった。しかも、恋人になることを大前提という雰囲気に「いつの間にか」なっており、段階を踏んで徐々に心を開いていくなどが全くなく、普通の恋愛であるような段階を一挙に飛び越した感覚になってしまっている・・・・

これでお気づきかと思いますが、要は
『パーティー会場がピークだった』
ということです。スキー場での出会いと似ているとことがいえるかもしれません。

大抵は、男性の方が早く結果を出したいので、心の距離を縮るのには抵抗がないようです。しかし、一般的に女性は徐々に心理的距離を縮めることを好む人が多い傾向にあるため、結論としてはカップリングパーティーは、出会いを求めている男女が集まって属性という意味では当てはまっているが、その場でカップリングになること自体、“普通じゃない” という結論に落ち着きます。

だから、カップリングになったペアはうまくいく人の方が少なく、1 回デートをしたがそれっきり、ということが圧倒的に多いようです。ただし、こういう事実は、パーティー会社は世間に公表しませんし、する必要もありません。もっと言うとパーティー会社側には何の落ち度もありません。

結局、パーティーでカップリングになることが恋人を作る最短距離、と誰しもが幻想を抱いていることは確かなので、パーティー会社側はそのニーズを実践しているだけ。後日恋人になろうが結婚しようが 1 回のデートで終わろうが関係のないことなのです。

むしろ、本当の恋人にならずに次回以降リピーターになってくれた方が会社としても利益につながるのです。これは内部事情をかなり暴露した内容なので、ここだけの話にしておいてくださいね。

ここで私が言いたかったのは、
「わざわざパーティー当日にカップリングになる必要はない」
ということです。

「え、でも他の参加者に美人を取られてしまうじゃないか」
という声が聞こえてきそうですが、前述した以前のパーティーでカップリングになったのにもかかわらずリピーターになる男性客が多数存在する、という事実からも分かるように、結果的に本当の恋人にならないことが多いので、しかも恋人にならなかった女性は特に何度もカップリングパーティーには恥ずかしくて参加しづらいということもあり、カップリングパーティーで恋人にならなければ、メールや電話で後につなげることが十分可能だという事実をお伝えしたいのです。

むしろ、友人からのスタートの方が気が楽で、素の自分が出せておのずと良い結果が出やすいというデータがあります。例えば、こんな会話なんかも。

男 「こないだは混んでたね~。誰が誰だか訳分からなくなったよ」

女 「そうだね~。男の人の方が多かったみたい」

男 「そういえば、カップリングになった人、あの人とはその後どうなったの?」

女 「ウ~ン、1回食事したけどそれっきり・・・」

男 「そうなんだ。なんで?理由聞いていい?」

女 「だって、あの場では勢いでカップリングとかになったけど、後で 会ってみてゆっくり話してみたらあんまりタイプじゃなかった」

男 「つまり波長が合わなかった、みたいな?」

女 「うん、まあそんな感じ」

男 「俺も実はさあ、A子さん指名したんだけどさあ」

女 「えっ、そうなの?」

男 「でも番号間違えたみたいで、隣にいた山田花子みたいな子を 指名してしまったよ、はは」

女 「えーっ、そんな子いたんだ(笑)」

男 「そうしたら、その山田花子がさあ、本気になっちゃってさあ(笑)車持ってますかとか長男ですかとか聞かれてしつこくてさ」

女 「うっそー、あはは(笑)」

男 「A子さんはそういう変な人近寄ってこなかった?」

女 「う~ん、そういえば江頭24時みたいな人が声かけてきたかな」

男 「あー、いたいた。江頭みたいなヤツ。俺の前にいたヤツだー。 なんだか動きも江頭みたいで、江頭研究してんじゃあねえの、 っていうか、江頭の双子だったりして(笑)」

女 「あはは(笑)」
と一例を書きましたが、ようはパーティーでの出来事が2人の共通体験となり、無理にカップリングにならなかったことが功を奏して、プレッシャーがない「素の状態」で話をすることができます。これは大きいです。


【カップリングパーティーでの動き方・その後のデートの戦略】
カップリングパーティーでは、あえてカップルにならない、という戦略を取ることを前述してきました。そうすることにより、素の状態で会えるから後々の関係が続きやすい、という元々のメリットがあるのですが、それ以上に、
「複数の女性の連絡先をゲットできる」
というメリットがあります。こうすることにより、ようはリスクヘッジができるわけです。極端な話、1回目に会った女性にフラれてしまったとしても、2番目3番目の女性の「彼女候補」がいるのです。しかも一般的に容姿抜群な女性ばかり。。。

さらには、あなた自身にも心の余裕ができます。「フラれたらどうしよう」などの心配がなくなるわけです。この心理的不安が解消されている状態は非常に大きいですね。

これが、カップリングになってしまった場合だと、そうはいきません。パーティー最中にあちこち八方美人のように、他の女性の連絡先をゲットする行動をとってしまうと、本命でカップリングになるであろう女性がパーティー会場内にいる以上、一挙に逃げられる可能性があるためです。また、運良く他の女性の連絡先がゲットできたとしても、後日連絡したとした際に「あの時カップルになったでしょ」とシカトされるのがオチです。

では、パーティー内でどう行動するかの戦略をみていきたいと思います。

まず、2時間のパーティーで10人の女性と連絡先を交換するように行動してください。これ以上の人数と親しくなろうとしても、1人1人の印象がお互いに薄くなってしまうため、後日連絡してみても「この人誰だっけ」と不審がり、メールの返事がないパターンになってしまいます。
よって、MAXで10人までと肝に銘じておいてください。最低でもフリータイムが2回はあると思うので、この時点でメール交換しておきます。

そして、カップリング公表時にはあえて女性の名前を記載しないのです。パーティー業者スタッフ側からは「提出してください」と要求されると思いますが、「タイプの人がいませんでした」と何も書かないで用紙を提出します。そうすることによって、あなたが誰かとカップリングになることは(とりあえずパーティー会場内では)回避することができます。

そして問題の、連絡先を交換した女性と後日会える確率は約5割だと思ってください。よって、1回のパーティーでは、彼女候補を5人捕まえるために参加しているのだ、というくらいの感覚で丁度良いです。

5000円支払ってカップリングになって、その後ダメになったとして結果的に5000円をドブに捨てるよりも、1人頭1000円×5人の出会いを獲得しにいくんだ(うまくいけば500円×10人)、と考えたほうが効率がいいですよね(笑)。そして何より彼女やセフレになる可能性がグ~ンとアップするわけです。これは完全に戦略です。

さて、連絡先をゲットしたキレイどころの女性10人の中にはパーティー会場内で他の男性とカップリングになってしまう場合も出てきますが、この時点では特に気にしないでください。この場合は、ひとまず、つなぎのために3日以内にメールだけしておいて、友達として間柄をキープしておいてください。

その後2週間後くらいに更に改めてメールすると、驚くことに「お久しぶりです、以前はメール出せずにスミマセンでした」と返信がくる確率が異常に高くなります。ようは、カップリングになった男性と1度会ったけれど、それっきりという状態になってしまった、ということです。

当然、その時点でのその女性はフリーです。彼氏を探しています。
1度はパーティー会場内とはいえどもカップリングになるくらいですから、男を求めています。これはまぎれもない事実です。しかも、他の男性がパーティーで狙うくらいですから、一般的に男性受けするタイプのはずです。

そしてこれこそが、カップリングパーティーで美人OLと出会うことを勧める最大の理由です。

この「1度はカップリングになってしまったけれど、後日本当の恋人に発展しなかったケースの女性」は、前述したように同じパーティーに2度3度訪れる、ということは非常に可能性としては低いです。だからこそ狙い目なんです!なんだかんだでパーティーでカップリングになる女性たちは、参加した男性から人気の集中する、男受けするタイプのはずです。容姿も比較的キレイな部類になると思います。

この独特な方法を、異業種パーティーで実践したとします。
2時間オールフリータイムであるこの手のパーティーでは、代わる代わる男性からのアプローチが美人の女性には殺到します。よって、ほとんどの男性が連絡先をゲットしていくことから、ライバルが多すぎるんです。

これに対してカップリングパーティーの良い点としては、「パーティー中にカップリングになってしまうことにより、他の男性全員が手を引く」というところです。そして2週間も経過すると、お目当ての美人OLはなぜか1人で、見渡すと土俵には自分1人しかいないオイシイ状況をあなたは想像できますか?

これこそが、美人OLと知り合うための最大のノウハウです。

パーティー後日のあなたの行動パターンとしては、5人の彼女候補者と後日食事をしにいくことからスタートします。5人もいますので、スケジュールがバッティングしないように気をつけてください。目安としては、1週間に2人ずつくらいが丁度良いでしょう。メールは1週間に1度程度、2~3週間ごとに会ってお茶か飲みに行くというパターンから徐々に距離を縮めていってください。


ちなみに彼女候補にしやすいターゲットをお伝えしておきますね。

それは・・・

1人で参加している女性です!

2人連れや3人組ではなくて、1人で寂しく参加している女性の方が圧倒的にオチやすい、というデータがあります。ようは周りの友達で一緒にパーティーに参加してくれる女性がいないために、1人で勇気を振り絞って参加してきているのです!是非チャレンジしてみてくださいね。ご検討をお祈りしています!

このページの先頭へ