私は本気で付き合っているのに相手が遊びとしか思っていない場合の上手な対処法

当サイトは、好きな女性と付き合っている状態をより深める場合を説明しているのですが不幸にも、自分が本気でありながら、相手の女性が「GAME」(遊び)として付き合っていると考えれる場合をお話しましょう。

「自分が本気で相手が遊びのとき」
相手の気持ちが「GAME」から本気の恋愛に変えなければならない。
最初の段階で、相手が「GAME」感覚であるならば、こちらから焦って本気であることを示すことは自爆行為です。
自分が本気であることを伝えるベストのときは、相手も本気である状態に持っていなければ展開は苦しいものになります。

相手が「GAME」の場合は、性的関係が成立していたとしても本気の恋愛にはなっていないケースが多いでしょう。
であるならば、彼女を本気にさせるためにはどうしたらいいのか?
自分が「本気で好きだという気持ち」をすぐに伝えてはいけないのですから苦しいのですが、なぜかというと相手が「GAME」の場合、いつでも付き合いを終わらせるポジションを取っているからです。

ここで、本気であることを示せば示すほど、相手は気持ちをクローズしていき付き合いを終わらせる可能性があります。

彼女に言わせれば、「私は遊びのつもりだったのに、本気で好きになられても困る・・・。」ということになるのでしょう。
その答えがわかっていて、攻めるのは不利なわけです。

ですから、自分の本気の気持ちを伝えるのはもう少し我慢してください。
自分もGAMEである雰囲気を保ちながら、相手を本気にさせるようにします。

そのひとつは、「自分に他にも女性がいる」、「他に気になる女性がいる」ことを伝えて相手を心理的に揺さぶるのも実践してみる方法のひとつです。
今の状況に「変化」を加えて、相手の気持ちが変化するかを確認するのです。
また、自分が本当の恋愛をするならばどんな理想を持っているかを話すのも方法のひとつです。
そして、少しずつ当サイトにある付き合い方のセオリーを実施していきます。

ここで面白い現象が起きる可能性が高まります。
当サイトにある付き合い方の習慣化によって、一緒にいる相手の必要性が高まり自分の存在感が彼女の心の中を大きく占めるようになってくるのです。
「GAME」感覚で付き合っている場合は、彼女の心の中に占めるあなたの割合は大きくありません。
しかし、付き合い続けるとその支配率は高まります。
そこまで、持って行くまで「本気」の気持ちを隠しながら頑張ってください。

「GAME」の終わりは、いつしかどちらかが本気になって崩れるか両方が本気になって「GAME」が終わり、本当の恋愛に発展するかになります。
だからこそ、自分が本気であるならば、その気持ちを隠すことはつらく相手の気持ちを確認したくても、いつか来るそのときまで大切にしてください。
あなたの気持ちを。

このページの先頭へ