前の彼氏が夢を追いかけるばかりの男だった!現実主義の彼女にどう対処すればいいの?

彼女が、「夢を追う男」に疲れている場合があるかもしれません。
例えば、「前のカレが夢ばかり追いかけていて現実が無茶苦茶だった。」と言った場合です。
 
これは、お話してきた理想と現実の認識が出来ていない男にあるケースです。
その場合、現状が安定していれば幸せであり、大きな夢や現実離れしていることに対しては、彼女は拒否反応が出てしまうのでしょう。

付き合いだすと、元カレの話なども出るでしょうから、そのような過去を聞き出したら、理想を強調するのは避けることにしてください。
そして、自分たちの中で共有できる現実的な夢や理想に落とし込んで行くことを意識しましょう。

ただ、どうしても男として譲れない夢があるとき。
必ず解決します。根気強く伝えて言ってください。

なぜなら、二人にとってプラスになることであるのならば、彼女は最終的に受け入れるはずです。二人にとってプラスであるならば、です。



窮地に陥った時どうすればいい?彼女のことを考える余裕がない

彼女を守る、彼女を助けることが男の役割であることは理想ですが、現実には男が人生において窮地に陥ることがあります。
今の厳しい世の中では、仕事でリストラされることなど当たり前のように起きていることです。
「彼女のことなんか、考えられる状況じゃないよ。」
「これから、一体どうやったらいいんだ?」
という、ピンチが訪れるかもしれません。

私もピンチを味わったことがあるのですが、その中で、私から言えるアドバイスはひとつしかありません。
「強くなる」ということです。当たり前の答えと思わずに、もう少し深く考えてください。
ここで言う「強くなる」という意味は、単純に起きている問題に対してではありません。
それは、もちろんのことなのですが、彼女に対しての自分です。

例えば、ヤケっぱちになって、彼女にアタッたり、ヒネくれてもそれは弱さでしかない。
一見、カッコよく見えるパターンで言えば、強がっている男がいるけど彼女にキツい態度を見せるケースなどもそうです。

実際、私がそういう態度を取ったこともあるから良くわかります。
問題がキツければ、それを避けることも出来ないかもしれません。だって人間なんですから。

ただし・・・
すぐに気づかないといけません。問題が大きくなる前に、自分の弱さから起きている問題があれば「気づいて」ください。
彼女は理解してくれるでしょう。例え強がっていても、あなたが本音を見せた瞬間をいとおしく感じてより親近感を感じるときになるのかもしれません。
こんなピンチすら、二人の関係がより深まる要因になるのですから、不思議です。

自分勝手に思い悩んで、彼女に八つ当たりしても解決はしません。
「私の心が届かずに、この人はひとりで勝手に思い悩むばかり。」と彼女に思われてしまうでしょう。
逆に心の結びつきが弱まる原因になります。
「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、まさしくそのとおりですね。
同じ現象で起きる結果がまったく違ってくることになるのです。

強さとは、表面的なものではありません。
窮地に陥っているときの自分に必要な「強さ」とは、たとえ明日をイメージ出来ないくらいの状況でも、前を向ける「姿勢」があるかどうか?です。

それは、彼女に対して伝わります。言葉ではなく空気のようなもので。
強い言葉ではなくても、あなたが前を向いているかどうかは伝わります。
彼女との関係がうまく行っているなら、彼女は、あなたの結果や行く末を心配してくれるでしょう。
そのとき彼女は、まだわからない結果よりもあなた自身を見つめているはずです。
信じてくれる気持ちや、暖かな言葉が苦しいときがあるかもしれません。
本当は、投げやりになりたい気持ちをあなたは、ぐっと押さえているのかもしれません。
必要な「強さ」とは、気遣う彼女を汲み取れる、あなたの態度から生まれるのだと思ってください。
自分がたとえ苦しいときでも、彼女の気持ちを理解できる男を目指してください。

このページの先頭へ