いつもすぐに別れてしまう・・・長く付き合う秘訣は?

人が生きてきた中で、培われたものによる違いは、あまりにもたくさんあるのではないでしょうか?

例えば、人が人と出会うときに「同じものをたくさん持っている人と巡り逢って、僕たちはピッタリ!」なんてケースのほうが奇跡なのです。

そのような出会いの確率って凄く低いと思いませんか?

もし、たまたまそのような感覚を持てた出会いがあって、付き合えたとしても、いつの間にか別れるとき、「実は、思ってたのと全然違っていたからダメだった」となるのかもしれません。

私は、最初から同じものをたくさん持っているということが重要ではないと断言できます。なぜなら、私と彼女のケースではまったく違うからです。
(違っていたところも、たくさんあるという言い方でも構わないですね)

育ち方も、趣味も、食べ物の好みも違います。
付き合うときの大事な要素として、理想的な状態というのがあります。
・一緒にいると楽しい。
・安心して付き合える。
・いつも自然でいられる。
・これから先の愉しさがイメージできる。


しかし、これら4要素は最初から出来上がっているものではありません。
付き合っていくうちに固まっていくものだと思います。
でなければ、最初の印象からこの男は最高だと思われないといけませんし、まだ付き合ってもいないのに、「この男は私の運命の人に違いない!」と思われるなんて、どれだけのオーラが必要なのでしょう(笑
ほとんど無理と言っておきましょう。

最初は、これらの要素が「なんとなく、そんな感じがする・・・」という程度ではないでしょうか。
付き合っているうちに、それらが確定して行き、確信に変わるものなのです。

その前に最初に申し上げた、二人のさまざまな違いが浮き彫りになっていきます。
ですから、違うタイプ、違う人間だから、相性が良い悪いがあるのではないということをはじめにわかっておいて欲しいのです。

タイプが違うから、引き寄せられていくこともあります。
たとえば、磁石のS極とN極が引き合うように違うからこそ、惹かれあう。
また、今までの自分の好みや考えが変化することだってあります。

思ってもいなかったタイプと、うまく行くこともあるでしょうし、「自分の理想って実は違っていたんだ」という「想い込み」による間違いや、最初、二人は、うまく行くと信じていたけど、変化に対応できなくなったケースもあるでしょう。

好きな人と長く付き合うためには、「変化と普遍」にうまく対応しなければなりません。
変化へは対応し、変わってはいけないものは守らなければならないのです。

この「変化と普遍」について、付き合っていくときの要素としてまとめているのが下の図です。

長く付き合うために必要な要素
これら10個の要素から、そもそも違うところや、変化していくもの、変わってはいけないことなどを説明していきながら、私の考える「長く付き合っていく方法」をお伝えして行きます。

何度も申し上げますが、「変化」は必ず起こります。
その「変化に対応する」ことと、「変わってはいけない」部分を守ることが長く付き合う秘訣です。

それは、付き合って1週間の人も、10年以上経っている人も同じだと私は思っています。
短いようで長い人生です。何かが起こるのが当たり前なのですから。
その中で、お互いの関係を深めていくことが素晴らしいのだと思います。
恋愛というものは、自分が成長する貴重な経験をさせてくれるのです。

このページの先頭へ